恵方巻きの廃棄問題とは?フードロス対策の4つの事例を紹介

恵方巻きの廃棄問題とは?フードロス対策の4つの事例を紹介

2月の季節行事と言えば節分ですが、近年では豆まきよりも、オリジナリティを出しやすい「恵方巻き」が話題にあがることが多いようです。恵方巻きはいわゆる太巻き寿司で、節分当日にはスーパーやコンビニといったさまざまなお店で販売されます。しかし、そんな恵方巻きが大量に廃棄されている事実をご存じでしょうか。本記事は、恵方巻きの廃棄問題の背景や原因、私たち消費者が心がけたい行動をご紹介します。

ニュースでも話題の「恵方巻き」の廃棄問題

恵方巻は、2022年の約649億円の経済効果があるとの試算が発表され、その売り上げは300億円以上と推定されています。一方で、恵方巻の売れ残りが大量に廃棄されているとニュースで話題になっています。

こうした事態を受けて、農林水産省も予約購入の活用でロスを減らそうと呼びかけているほどです。

しかし、「恵方巻きの廃棄が問題になっていることは知っているけれど、詳しくはわからない」という人も多いのではないでしょうか。そこで、恵方巻きについて、下記の内容をみていきましょう。

*参考:農林水産省

そもそも恵方巻きとは?

恵方巻きは、もともと関西の一部で実施されていた風習でした。無病息災や良縁といった幸運を願っていたとされ、江戸時代から明治時代にかけて始まったといわれています。

全国的に広まるきっかけとなったのは、1989年に大手コンビニエンスストアのセブンイレブンが販売したことでした。さらに、1998年にはコンビニ各社が、大々的にキャンペーンを実施し、一気に全国に知れ渡ったとされています。

恵方巻きの廃棄量は何トン?

関西大学の宮本勝浩名誉教授は、恵方巻の廃棄金額は12億円を越えると試算しました。

また、不要になった食品を家畜の飼料にする「日本フードエコロジーセンター」が、廃棄される恵方巻の受入状況を直近3年間について調査を行いました。結果として、2019年から2021年の節分当日だけで、平均およそ6トンもの食品が3つの食品工場から持ち込まれたといいます。

これは1か所の食品リサイクルセンターの廃棄量なので、これ以外にも恵方巻が全国で大量に廃棄されています。

*参考:産経新聞Yahoo!

恵方巻きがフードロスにつながる3つの原因

本来は楽しいはずのイベントがフードロス問題で取り沙汰され、最近では恵方巻がフードロスの代名詞のように扱われています。なぜ恵方巻きがフードロス問題として取り上げられるのでしょうか。その背景には、恵方巻きがフードロスにつながる3つの原因があります。

日持ちしない

恵方巻きは、生鮮食品や白米を使うため、日持ちしません。たとえ具材に生鮮食品を使わなくても白米が硬くなるため、おいしさはすぐに損なわれてしまいます。そのため、売れ残りを処理しきれず、廃棄してしまうのです。

供給が過剰である

販売店が、恵方巻の在庫を持ちすぎて販売しきれない量を納入してしまう。これは、品切れによる機会損失や顧客満足度の低下を重視したためです。その結果として、恵方巻きを大量に生産し売れ残りを廃棄していました。

売り場づくりを重視する

消費者にインパクトのある印象を与えるために売り場づくりを重視したことが、廃棄につながる理由のひとつです。

【2022年】主な小売店の対応4選

いつもより食卓を楽しくしてくれる恵方巻がフードロスの代名詞となってしまったことは、とても残念なことです。小売店では、フードロス対策として恵方巻きの予約購入を積極的に取り入れています。

ローソン

ローソンでは、恵方巻きの販売について、下記の特典を用意しました。また、大人気アニメ「鬼滅の刃」とのコラボ商品を販売し、販売促進にも力を入れています。

  1. 対象の恵方巻きを1/10までに予約すると50円引きになる
  2. 対象の恵方巻きを予約するとペットボトルのお茶1本を無料プレゼント

*ローソン

セブン-イレブン

セブンイレブンでは、「恵方巻き(関連商品を含む)を購入ごとに、対象のセブンプレミアム商品を1つプレゼント」という特典を実施します。また、セブンプレミアム商品を恵方巻きと一緒に食卓に並べるれば、さらに華やかな食卓を楽しめるかもしれません。

*セブン-イレブン

ファミリーマート

ファミリーマートは、早期予約特典を実施。早期予約特典の期間は1/14まで、特典内容は「2品予約ごとに10%引き」というものです。また、数量限定で大人気アニメ「ドラゴンボール」とコラボした恵方巻きを販売しています。

*ファミリーマート

イオン

イオンでは、ネット予約限定のキャンペーンを実施。特典は、イオンマークのついたクレジットカードで購入するとWAONポイントが5倍付与されるというもの。恵方巻の食材にこだわっており、ズワイガニやローストビーフといった高級食材を使用した満足度の高い商品となっています。

*イオン

予約購入を活用して恵方巻きの廃棄を防ぐ

恵方巻きの大量廃棄問題を受けて、多くの店舗では予約販売による在庫の最少化に努めています。

私たち消費者も予約購入を活用すれば、全体として恵方巻のロスを減らすことができるのです。また、直前のキャンセルや当日の受け取り拒否は極力控えるようにしましょう。

ことしの予約購入のタイミングを逃してしまった…という方は、お近くのスーパーマーケットなどで直前の予約が可能かもしれません。お近くの店舗の販売状況をぜひ調べてみてくださいね。

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部です。読む人みんなが知って、選んで、試せて、語れる。そして明日をつくるための日々の暮らしの情報をお届けします。

Related