食品ロス削減や物流業務の負荷軽減など、持続可能な社会の実現への貢献に向けて。日清オイリオの取り組み

食品ロス削減や物流業務の負荷軽減など、持続可能な社会の実現への貢献に向けて。日清オイリオの取り組み

【PR】日清オイリオ


目にする機会も増えた「サステナブル」という言葉。「持続可能な」「ずっと続けていける」という意味があり、世界中で使われている言葉です。貧困や飢餓、環境問題や経済成長などさまざまな課題を抱える地球で、これからの未来が美しい地球で平和に豊かであり、ずっと生活をし続けていける「サステナブルな社会」を目指していく必要があります。

「サステナブル社会の実現」は、企業にとっても重要な課題。それぞれの立場から取り組みを進めています。こうした取り組みは国連が掲げるSustainable Development Goals(SDGs)「持続可能な開発目標」17の目標達成につながることも。一例として、日清オイリオの取り組みをご紹介します。

日清オイリオの商品

日清アマニ油や日清ヘルシーリセッタなどの商品で知られる日清オイリオ。日々のお料理に欠かせない油ですが、健康が気になる方は特定保健用食品の言葉を見て手にとったことがあるのではないでしょうか。

そんな日清オイリオの人気商品が、来年の春からエコでサステナブルな商品に進化します。

食用油製品の賞味期限を最長で7カ月延長

日清オイリオグループ株式会社では、「日清オイリオグループビジョン 2030」における重点領域「食のバリューチェーンへの貢献」・「信頼でつながるサプライチェーン」において、食品産業が抱える社会的な課題に対して、事業を通じた取り組みを進めています。


製法の改良など長きにわたり積み重ねてきた成果をもとに保存性を再検証した結果、これまでよりも長い賞味期限の保証が可能であることが確認できました。食品ロス削減や物流業務の負荷軽減などの解決に向けて、2023年春から順次、主だったプラスチックボトル入りの食用油製品の賞味期限を延長します。


同時に、これまでギフト製品など一部の商品で賞味期限の表示を「年月日」から「年月」に変更する取り組みを行なっておりましたが、この対象範囲を、家庭用食用油製品(一部除く)にも拡げてまいります。

 

取り組みの概要

1)対象製品

 ごま油やオリーブオイルを除く、プラスチックボトル入り家庭用食用油製品(一部除く)

2)賞味期限の延長例 (いずれも開封前)

<現 行> 18 カ月(1.5 年)
<変更後> 25 カ月

3)賞味期限表示の「年月」への変更

<現 行> 年月日 ・・・表示例: 25.05.01 (西暦下 2 桁.月.日)
<変更後> 年月 ・・・表示例: 2025.05 (西暦 4 桁.月)

4)スケジュール

 2023 年春から順次導入


賞味期限延長・年月表示の詳細はこちら

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部です。読む人みんなが知って、選んで、試せて、語れる。そして明日をつくるための日々の暮らしの情報をお届けします。

Related