野菜の会社 カゴメの“おいしい”プラントベースで始めよう、サステナブルな食生活。|編集部の実食コメントも!

野菜の会社 カゴメの“おいしい”プラントベースで始めよう、サステナブルな食生活。|編集部の実食コメントも!

【PR】カゴメ株式会社

「サステナブルな食生活」の方法としていま拡がりを見せている、プラントベースフード。ヴィーガンやベジタリアンとは違い、「植物性食品とそれらを取り入れるライフスタイル」のことを指します。

今回は、カゴメが生み出した「プラントベースシリーズ」のアイテムをご紹介。その特徴のほか、くらだしマガジン編集部による実食の感想をお届けします。

 

カゴメ「プラントベースシリーズ」ってどんな商品?

プラントベースとは、動物由来の原材料を配合せず、植物由来の原材料を使用した食品全般のこと(※)。近年では、野菜や豆からできた肉や魚、卵など、各社の研究開発や技術進歩にあわせて実に様々な植物性の代替食品が登場しています。

そんな植物性食品の舞台でカゴメが展開しているのが、“おいしい”プラントベースメニュー。ご飯にかけるだけのエスニックやカレー、パスタソースなどの10商品を、手軽な1人前のサイズで展開しています。

カゴメの独自製法による「野菜だし」や独自のスパイスを用いて、動物性原料不配合とは思えないほど深みのある味わいを実現しているのも特徴です。

※同一製造ラインにおいて、牛肉・豚肉・鶏肉・魚介類・乳製品・卵を原材料に含む商品を製造しています。

カゴメ「プラントベースシリーズ」を購入する >

 

いま、プラントベースが注目される理由

近年その認知度が上昇している大豆ミート。食肉の供給不足による「たんぱく質危機」の回避策として、あるいはCO2排出量、水資源使用量が一般的な食肉より少ない環境に配慮したサステナブルな食品として、注目を集めています。

「ヴィーガン」や「ベジタリアン」との違い

「動物性食材を極力取り入れない食生活」を目指すヴィーガンやベジタリアンとは違い、「植物性食品とそれらを取り入れるライフスタイル」も含めるのがプラントベースの考え方(※)。

※あくまでカゴメの考え方を示すものです。

「動物性原料不配合」、実際の味わいは?

今回は、カゴメの「プラントベースシリーズ」の中から3つを実際に頂いてみます。

彩り野菜と大豆ミートのガパオソース

まず最初に頂いたのは、「彩り野菜と大豆ミートのガパオソース」。商品名にもあるように、たけのこやピーマンなどの野菜が彩りを添えるガパオソースです。

ガパオといえば、タイ料理の定番。バジルやガーリック、そしてピリ辛でパンチの効いた味わいの中で、たけのこやピーマンが負けてしまうのでは…?と思っていたのですが、まったくそんなことはありません!

シャキシャキのたけのこや甘いピーマンの食感と風味もしっかり感じられて、大豆ミートのそぼろも十分に食べ応えあり。何より、ピリッとしていて「しっかりエスニック!」なので、ガッツリ食べたい気分の時にもおすすめです。

そんなプラントベースですが、NPO法人ベジプロジェクトジャパンによるヴィーガン認証も受けています。ヴィーガンからそうでない方まで、多くの方に楽しんでいただけるんですよ。

 

根菜と大豆ミートのボロネーゼ

次に頂いたのは、パスタソースの「根菜と大豆ミートのボロネーゼ」。

市販のパスタソースというと、パスタに対してソースや具が足りないことってありませんか?でも、このボロネーゼソースをパスタにかけながらまず感じたのは、「ソースと具がたっぷり!」ということ。

実際に口にしてみても、根菜と大豆ミートのボリュームと食感がしっかりと楽しめます。今回はロングパスタと合わせていますが、ショートパスタやハンバーグ、お魚ならムニエルなどと合わせても美味しく頂けそうです。

ベジミートボールのマサラカレー

そして最後は、「ベジミートボールのマサラカレー」。ミートボールが2つ入っている、中辛のマサラカレーです。

ミートボールということは、ガパオやパスタソースよりもさらに「お肉感」が求められそうですが、なんのことはありません。大豆ミートなのに、一口頂いてみると脳が「これはお肉だ…!」と認識していました。

ボリューム感のあるミートボールが入っているので、ちょっとしたサラダやスープなどの副菜を添えれば、晩ご飯の主役にもなれそうなマサラカレーでした。

 

「プラントベースデビュー」のキッカケにおすすめの手軽さ

3つを頂いてみて、味わいはもちろん、香りや見た目などすべてが言われなければ「プラントベース」とは分からないほどのクオリティだと感じました。従来の料理とほとんど変わりません。

また、ガパオなら「62g分(※1)」、ボロネーゼなら「191g分(※2)」、マサラカレーなら「101g分(※3)」と、使用されている野菜の量が数字で分かるので、不足している野菜をしっかりと摂る手助けにもなります。ごはんやパスタに「かけるだけ」で手軽なのも嬉しいポイント。

環境や身体にいいものを生活の中に取り入れはじめるキッカケとして、カゴメの「プラントベースシリーズ」が活躍してくれそうです。

※1, 2, 3:野菜の全成分を含むものではありませんが、不足しがちな野菜を補うためにお役立てください。

カゴメ「プラントベースシリーズ」のラインアップ

エスニック

  • 大豆ミートのタコライス用ソース
  • 彩り野菜と大豆ミートのガパオソース

カレー

  • ベジミートボールのマサラカレー
  • 大豆ミートのほうれん草カレー
  • 大豆ミートのキーマカレー
  • 3種豆のベジタブルカレー

パスタソース

  • ベジミートボールのトマトソース
  • 彩り野菜と大豆ミートのアラビアータ
  • 根菜と大豆ミートのボロネーゼ
  • きのこの豆乳クリーム

 

カゴメ「プラントベースシリーズ」を購入する > 

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部

くらだしマガジン編集部です。読む人みんなが知って、選んで、試せて、語れる。そして明日をつくるための日々の暮らしの情報をお届けします。

Related